自己紹介 -佐野直美です-

初めまして。佐野直美です。

アーユルヴェーダセッション、
キャリアカウンセリング、
ライターと何が本業かなのか
分からない生活をしています。

また大人のためのダンスコミュニティ「NiNi」にて、
週末にダンスレッスンをおこなっています。

大人のためのダンスコミュニティ「NiNi」にて

アーユルヴェーダと私

私がアーユルヴェーダと出会ったのは、
第二子出産後、
SLE(全身性エリテマトーデス)という難病を
発症したことがきっかけです。

SLEは本来自分を守ってくれるはずの免疫が
外部刺激によって自分で自分を攻撃してしまう病気。

現代医学では、原因不明の不治の病とされ、
症状悪化の要因を避け、
症状が現れたらステロイド剤で
抑えるのがこの病と付き合い方になります。

診断当時、2歳と0歳の子を持つ新米ママ。
全身の痛みと薬の副作用に耐えながらの家事育児で、
一日を終わらせることに精一杯の毎日でした。

「なんで私だけが…」と自暴自棄にもなりました。
紫外線にあたると、全身の痛みと発熱が起こるので、
子供たちを公園に連れていくことも一苦労。

現状を共感し合える人はいないし、
過剰な同情を受けたり、
日々変わる自分の病状を十分に伝えられずに
苦しんだこともありました。

…ただ診断を受けてから1年、
「どうせ治療法が解明されていないなら、
他にもやれるだけのことはやってみよう!」と
突然開き直り、
片っ端からこの病にいいということは
何でも試し始めました。

完全菜食、ローフードや東洋医学を
取り入れてみたり、
よく分からない
スピリチュアルセラピーなども
受けました。

そして診断を受けてから2年、
試行錯誤しながら出会ったのが、
アーユルヴェーダでした。

アーユルヴェーダで自分を知る

アーユルヴェーダの治療はとっても地味!
自分に合った食事や生活習慣、
定期的な断食、
オイルマッサージ、
健康観察日記が
メインの治療です。

中でも健康観察日記が私には効果的で、
ストレス発散のために身に付けた過食習慣、
時間を無駄にしたくないという恐怖心からくる徹夜癖、
自分を傷つける思考が不調に
大きく影響していたことに気づきました。

自分に合わない食事や習慣をやめて、
自分に合うものを取り入れていくことで、
徐々にごく普通の生活が送れるようになり、
いつの間にかステロイドなしでも
生きれる身体に回復してきました。

自分とのいい関係を

こんな経験をしたからこそ、
アーユルヴェーダを通して、
より多くの人が自分軸を知り、
自分らしく突き進むための
きっかけが作れたらなと思っています。

難病発症は人生で一番苦しい経験でしたが、
同時に自分と徹底的に向き合う
絶好の機会でもありました。

今でもストレスで過食もするし、
瞑想もよく忘れるし、
全然完璧ではないのですが、
この完璧主義になりすぎないところが
逆にいいと思っています。

長くなりましたが、
より多くの人が自分を知り、
自分とのいい関係を築いていく
お手伝いができたらと思っています。

なおみ

目次
閉じる